環境保全啓発事業ENVIRONMENT PROTECTION

企業をはじめ県民の環境への意識の啓発、
普及に資するための環境保全に係る情報等を提供します。

宮崎県環境管理研究会

研究会設立の趣旨・背景

企業の環境(含む職場環境)管理担当者が相互に情報の収集・交換を行い、知識・技術の向上に努めて、企業と地域の環境を保全すると共に、企業間のコミュニケーションを図ろうとするものです。

研究会活動の歴史

1975年(昭和50年)地区別懇話会(県内3地区29社の会員)として活動を開始。 その後、「宮崎県公害防止管理者研究会」として一本化され、1992年(平成4年)4月「宮崎県環境管理研究会」の名称へ変更。
現在、宮崎県内外の企業約100社(製造業、廃棄物処理業、土木・建設関係、その他)が参加する異業種間の勉強会として活動を行っています。

活動状況

  • 講演会:再生可能エネルギー、地球温暖化対策、海洋プラスチック問題等、環境保全に関すること
  • 勉強会:SDGs、ISO14001、省エネルギー活動、環境改善の取り組み、廃棄物処理適性管理など
  • 環境に関する取組研修会:リサイクル施設、食品加工・製造業など(県内及び県外企業)
  • 宮崎県環境改善推進大会の開催:優秀従業員表彰、環境に関する取組事例発表、特別講演

宮崎県環境管理研究会に関するお問い合わせ先

宮崎県環境管理研究会事務局(公益財団法人宮崎県環境科学協会内)
担当:川越・甲斐
TEL:0985‐89‐0007 
E-mail:kawagoe27@miyazaki-kankyo.or.jp