ecoみやざき 環境ひむかNo.71 2008秋号 HOME 環境保全 自然保護
環境保全 back 前のページへ次のページへnext

水が汚れると、どうして困るの?地球の約70%を覆う水。地球が水の惑星と呼ばれるゆえんです。
でも、その97.5%は海水で、淡水は北極や南極の氷を含めて2.5%ほど。
その中で、私たちが使える水となると0.01%といわれています。
大気、海洋、陸の間で循環し、生まれ変わる水は、地球上のいのちの源です。
水の循環を壊さないために私たちができることを考えてみましょう。


汚れた水ってどんな水?
汚れた水のイメージ
 濁った水、悪臭のする水。汚れた水は一体どうなっているのでしょう。
 水は2個の水素原子と1個の酸素原子から出来ています。汚れた水は、水の分子とさまざまな汚染物質が混じり合った状態で、汚染物質が取り除かれると、再びきれいな水になるのです。

 


■有害物質による汚染
 体に有害な物質が、産業廃棄物や工業廃水などから水中に混じることがあります。カドミウム、鉛などの重金属や水銀、揮発性有機化合物(VOC)、PCBなどが注意すべき物質です。
 特に体内に長期間にわたって蓄積されるこれらの物質は厳しい排出基準が設けられています。水俣病、イタイイタイ病などの公害病は、こうした物質が川や海に長い間流されたことが原因とされています。

■富栄養化による汚染
河川イメージ 水中で生物が簡単に分解してしまう有機物も、量が増え過ぎると汚染物質となります。肥料の元になる窒素やリンなどが増え過ぎると、藻やプランクトンが大量に発生し、生態系を壊してしまうこともあります。これは、主に生活排水が原因と考えられています。

■土砂による汚染
 山林の災害や水害などが原因で、大量の土砂が川や海に押し流されてしまうことがあります。水中に広がった細かい粘土は、やがて底に溜まって、藻やコケなどの光合成を妨げることになります。


水を汚す大きな原因は、生活排水
1人が1日に出す生活排水の分類と負荷割合
 生活排水とは、家庭の台所、トイレ、風呂、洗濯などから出る排水のことです。
 右のグラフは、生活排水のBODの割合を示したものです。生活排水は
水中の微生物にとって栄養源でもありますが、「富栄養化の原因」といわれるように、多すぎると分解するために多くの酸素が必要となり、魚が大量に窒息死したり、悪臭の原因となったりします。

 


back 前のページへ ページTOPへ 次のページへ next
Copyright(C) Miyazaki Prefecture. All rights reserved.