沿革history

 協会は、宮崎県知事の許可を受け、環境測定分析機関として昭和48年に設立されました。
 以来、国・県から濃度計量証明事業をはじめ7つの登録免許を受け、県内の公害防止、環境保全を通じ企業の健全な発展に寄与し、県民の健康生活に貢献しています。

沿革
昭和48年3月財団法人宮崎県公害防止管理協会として設立し、宮崎市神宮町に発足
昭和51年4月濃度計量証明事業登録
昭和51年12月騒音計量証明事業登録
昭和53年5月作業環境測定機関登録
昭和53年10月建物の空気環境測定機関指定
昭和53年11月建物の飲料水測定機関指定
昭和56年4月宮崎市田吉に現事業所完成・移転
昭和57年2月し尿浄化槽検査機関指定(厚生省)
昭和61年3月浄化槽法定検査機関指定(宮崎県知事)
平成7年4月低沸点有機化合物(VOC)の測定開始
平成7年4月悪臭官能試験開始
平成9年4月財団法人宮崎県環境科学協会に改称
平成14年1月ISO9002認証を取得
平成15年1月ISO9001:2000認証を取得
平成15年1月土壌汚染対策法調査機関指定(環境大臣)
平成16年12月ISO14001:1996認証を取得
平成17年4月エコアクション21地域事務局に認定
平成17年4月環境みやざき推進協議会事務局を設立
平成18年2月ISO14001:2004認証を取得
平成21年10月BOD自動分析装置 導入
平成24年4月公益財団法人宮崎県環境科学協会へ移行
平成24年9月水道法20条の水質検査機関登録
平成29年4月分析センター(新事業所)完成