自然保護推進員

 5月中旬から延岡市の行縢山で見られる「ササユリ」。自生するササユリは、高さ1メートルほどで、1本の枝から数個のピンク色の可憐な花が咲き、ほのかな甘い香りが周辺には漂います。そんなササユリを長年観察しているのが富山郁夫さんです。 毎年5月になると自作の観察ノートを頼りに昨年の観察地を確認するために行縢山に登ります。「近年は、山野草の盗掘が問題になっていますが行縢山でも盗掘被害にあい、見られる山野草が減っています。ササユリは特にその美しさから盗掘被害が多くなっています」。 ササユリは足場の悪い崖に咲くことが多く近づいて採取するのは危険だといいます。自生のものは次の年も花を咲かせますが、環境の変化に敏感で自宅で育てても1〜2年後には自然消滅してしまいます。「子どもの自然学習時には必ずササユリの写真を見せ地元の自然の素晴らしさを伝えています。行縢山の宝を絶たぬよう啓発活動にも力をいれていきたいです」と熱く語る富山さんです。

Copyright© 2014 ecoみやざき All Rights Reserved.