宮崎県環境管理研究会総会及び講演会の開催について

    日 時:平成17年6月10日(金)14:30〜17:00
    場 所:宮崎グランドホテル(宮崎市松山2−2−4)
1.総会
  (1)挨拶(14:30〜)
        宮崎県環境管理研究会会長           小手川 智彦 氏
        宮崎労働局労働基準部安全衛生課長     小笠原 哲治 氏
        宮崎県環境森林部環境森林課長        太田 英夫 氏
        財団法人宮崎県環境科学協会副理事長    田中 義信 氏
  (2)議事(14:45〜)
    第1号議案 平成16年度活動実績報告及び決算報告について
    第2号議案 平成17年度活動計画(案)及び予算(案)について
    第3号議案 「環境みやざき推進協議会」への参加について
    第4号議案 平成17年度役員体制について
  
2.講演会(15:30〜)
    ・ 「食品リサイクル法について」   九州農政局宮崎農政事務所
                                農政業務管理官 新原 武美 氏
    ・ 「みやざき県民の住みよい環境の保全等に関する条例について」
                  宮崎県環境森林部環境管理課水保全対策担当主幹 瀬尾 港一 氏
    ・ 「エコアクション21について」  財団法人宮崎県環境科学協会
                                  技術部環境測定係主任技師 高橋 潤次 氏


○ 参加事業所: 56事業  86名


 本年度の総会及び講演会は、宮崎グランドホテルにおいて56事業所86名の参加のもと開催されました。
 総会の議題については、会員の方々によりすべて原案どおり承認されました。今回の大きな議案は「環境みやざき推進協議会」への参加についてでありました。環境みやざき推進協議会の目的は、地球温暖化などの地球環境問題を宮崎県域で地域温暖化防止等に関する取組を推進することとしています。地球温暖化防止活動は企業や個人すべての国民が、排出削減対策を進めなければならないことであるため、宮崎県環境管理研究会としても積極的に取り組むこととし、小手川会長自らが環境みやざき推進協議会の運営委員に就任されました。各研究会会員も環境みやざき推進協議会の目的に賛同され、すべての事業所において協議会会員として入会されますことを御案内申し上げます。


 また、総会後に行われた講演会では、3人の講師を招き「食品リサイクル法」「宮崎県の条例」「エコアクション21」と環境に関する講演をいただきました。
 初めに宮崎農政事務所の新原氏より「食品リサイクル法について」ビデオを利用したわかりやすい解説と食品廃棄物の再生利用等の実施率を20%以上に向上させるための、様々な制度活用について講話をいただきました。引き続き宮崎県の水保全対策担当瀬尾氏より本年10月1日より施行される「みやざき県民の住みよい環境の保全等に関する条例」で改正された事項、条例の解釈を詳細に説明していただきました。
 最後に、環境科学協会の高橋氏よりエコアクション21審査・登録制度について紹介されました。


 今回の総会と講演会は、例年になく出席者も多く、講演会での質問等活発な意見が交わされました。

 
宮崎県環境管理研究会 事務局 財団法人宮崎県環境科学協会内 企画公益課
電話 0985-51-2077 FAX 0985-51-2085
Copyright (c) 2006 "MIYAZAKI KANKYO-KANRI-KENKYUKAI" All Rights Reserved.