国富町総合町民祭に参加しました!

 平成30年10月13日(土)、14日(日)に「平成30年度浄化槽適正管理啓発事業」の普及・啓発の一環として国富町運動公園で開催された国富町総合町民祭に参加しました。

 浄化槽の適正な管理をしていただくようチラシの配布や、維持管理の説明等を行うとともに、浄化槽法定検査に対する質問等に対応しました。また、浄化槽の縮小模型を用いた排水処理の説明等も行い、広く浄化槽について知っていただく良い機会となりました。

 宮崎県は中山間地域が多いので、浄化槽の役割は重要なものとなっております。今後も浄化槽適正管理への取組を推進して参りますので、皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

平成30年度九州地区浄化槽検査員研修会で当協会職員が研究発表しました!

日時 平成30年11月30日(金)13時15分~19時15分
会場 八仙閣 3F 天の間 (福岡市博多区)

 宮崎県内で法定検査を実施している検査員の視点から、法定検査の受検率の差異が地域間にあるのではないかということに着目し、自治体の維持管理費用の助成、単独浄化槽と合併浄化槽の割合や保守点検業者数等と受検率との関連性を調査・分析することで、本県における法定検査受検率の向上に向けた取組みの参考にするための研究発表を行いました。

 また、研修会終了後の意見交換会では、九州各県の各指定検査機関から参加した検査員との意見交換が行われ、有意義な研修会となりました。

 なお、各県の研究発表のテーマは以下のとおりです。

内容

テーマ 発表者
①KRN型における代替担体の検討 (一財)高知県環境検査センター
横尾 朝樹 氏
②浄化槽法第11条検査未受検者対策 (公社)熊本県浄化槽協会
山下 充  氏
③BOD検査に用いる植種液(植種原液)の安定供給に関する調査 (一財)福岡県浄化槽協会
今田 善也 氏
④大分県におけるモアコンパクト型浄化槽の現状と課題 (公財)大分県環境管理協会
舌間 丈洋 氏
⑤タブレットの法定検査への活用例(対策会議へのタブレットの活用) (一財)佐賀県環境科学検査協会
田中 寛之 氏
⑥宮崎県内における地域別受験率の動向に関しての考察 (公財)宮崎県環境科学協会
原田 英輝 氏
⑦サカマキガイによる生物膜の餌食により水質悪化した浄化槽の改善事例 (一財)福岡県浄化槽協会
椛嶋 和寿 氏
⑧処理水の性状に着目した水質悪化施設の原因究明フローと早期改善への取り組み (公財)鹿児島県環境保全協会
中島 進 氏

平成30年度クリーンアップ宮崎が開催されました!

 毎年11月の第2日曜日に行われる「クリーンアップ宮崎」が平成30年11月11日(日)に多くの県民の皆様のご協力により実施されました。

 地域によっては、11月の他の日に実施されたところもありますが、県民総ぐるみの環境美化活動が県内全域で行われました。

日時 平成30年11月11日(日) 午前中
場所 各市町村が選定する海岸、河川、道路や公園等
内容 公園、緑地、水辺等の公共の場の清掃及び樹木、草花の植栽並びに居住地周辺の清掃などの環境美化活動
参加人数 133,345人