土壌の汚染に係る環境基準が追加されます!

土壌の汚染に係る環境基準について一部を改正する告示が平成28年3月29日付けで公布されました。

この改正は、平成29年4月1日付けで施行されます。

土壌の汚染に係る環境基準項目に追加される2項目

  環境上の条件
クロロエチレン(別名:塩化ビニル又は塩化ビニルモノマー) 0.002㎎/L 以下
1,4-ジオキサン 0.05㎎/L 以下

また、平成28年3月24日付けで、土壌汚染対策法施行令で、「クロロエチレン」が特定有害物質に指定されました。土壌汚染対策施行令改正に伴って、土壌汚染対策法施行規則、汚染土壌処理業に関する省令を改正し、平成28年3月29日付けで公布されました。この改正も、平成29年4月1日付けで施行されます。

環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/press/102349.html

『環境に関する基準一覧表』を発行しました!

平成28年6月に環境に関する基準一覧表を発行しました。
(公財)宮崎県環境科学協会では、水質・大気・廃棄物・騒音・振動等の法令に基づく環境基準等を掲載した「環境に関する基準一覧表」を作成し、窓口で無料配布しています。

こちらをクリック!→

平成27年6月以降の基準一覧表改定箇所について

水質関係
頁数 種別 項目   新基準値 旧基準値 改定施行日
類型
P3 環境基準
(生活環境項目)
(湖沼)
底層溶存
酸素量
生物1 4.0mg/L以上 (項目なし) 平成28年
3月31日
生物2 3.0mg/L以上 (項目なし)
生物3 2.0mg/L以上 (項目なし)
(海域)
底層溶存
酸素量
生物1 4.0mg/L以上 (項目なし)
生物2 3.0mg/L以上 (項目なし)
生物3 2.0mg/L以上 (項目なし)
頁数 種別 項目 許容基準 改定施行日
新基準値 旧基準値
P4 排水基準(有害物質) トリクロロエチレン 0.1mg/L以下 0.3mg/L以下 平成27年
10月21日
大気関係
頁数 種別 項目 管理濃度 改定施行日
新基準値 旧基準値
P11 作業環境管理濃度 テトラクロロエチレン
(別名:パークロルエチレン)
25ppm 50ppm
(平成28.9.30まで)
平成28年
10月1日
ナフタレン 10ppm (項目なし) 平成27年
9月30日
リフラクトリー
セラミックファイバー
5μm以上の
繊維として
0.3本/m3
(項目なし)
廃棄物
頁数 種別 項目 新基準値 旧基準値 改定施行日
P13 有害物質を含む産業廃棄物の判定基準
1. 埋立処分に関する判定基準
(燃え殻・鉱さい・ばいじん)
2 カドミウム又はその化合物
0.09mg/L以下 0.3mg/L以下 平成28年
3月15日
(汚泥)
2 カドミウム又はその化合物
0.09mg/L以下 0.3mg/L以下
有害物質を含む産業廃棄物の判定基準
2. 海洋投入処分に関する判定基準
(非水溶性の無機性汚泥)
2 カドミウム又はその化合物
0.003mg/L 0.01mg/L
(有機性汚泥、廃酸及び廃アルカリ)
2 カドミウム又はその化合物
0.03mg/kg
又はmg/L
0.1mg/kg
又はmg/L
P15 最終処分場における維持管理基準
(一般廃棄物・管理型・遮断型処分場)
放流水(遮断型除く)
カドミウム及びその化合物
0.03mg/L以下 0.1mg/L以下
最終処分場における維持管理基準
(安定型処分場)
浸透水
カドミウム及びその化合物
0.003mg/L以下 0.01mg/L以下

第19回 宮崎県浄化槽研究集会にブース出展しました

平成28年6月29日にJAアズㇺホールで第19回宮崎県浄化槽研究集会(一般社団法人宮崎県浄化槽協会主催)が開催されました。

この研究集会は、浄化槽の適正管理推進のために、行政関係を含めた浄化槽に携わる関係者への新しい知識の習得と研鑽のため開催され、環境保全のために行動する人づくりの一役も担っています。

宮崎県指定浄化槽法定検査機関で、環境みやざき推進協議会の事務局である宮崎県環境科学協会はブースを出展させていただき、低炭素社会の構築及び自然環境の保全等に関する啓発パネルの展示やチラシの配布を行いました。

<浄化槽をお使いの方へのお願い>

浄化槽は、生活の中で使用した水をキレイにして自然に還す、大切な設備です。浄化槽を正しく使用し、適正に維持管理(保守点検、清掃、法定検査)してくださるようお願いいたします。