公益財団法人宮崎県環境科学協会主催第1回環境セミナーについて(報告)

第1回環境セミナー

平成27年2月4日(水)に宮崎市民文化ホール第1~第3会議室で「第1回環境セミナー」が開催されました。講師に環境省九州地方環境事務所 環境対策課課長補佐 永尾眞介氏をお招きし、「環境白書とIPCC第5次報告書から読み解く地球温暖化」と題し講演がなされ、一般県民約40名が参加されました。

第1回環境セミナーは、公益財団法人宮崎県環境科学協会の啓発事業のひとつとして、持続可能な社会を実現するために、環境に配慮した県民を育成することを目的として、本年度より協会の新規事業として開催されたものです。

開催概要

第1回環境セミナー
日時 平成27年2月4日(水)14時00分~15時30分
場所 宮崎市民文化ホール会議室
内容 講演「環境白書とIPCC第5次報告書から読み解く地球温暖化」
環境省九州地方環境事務所 環境対策課課長補佐 永尾眞介氏

講演概要

第1回環境セミナー

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)報告書では、地球温暖化は人間による影響が極めて高いと指摘しています。国内では、温暖化の影響とみられる記録的な猛暑、一部地域での極端な集中豪雨、気圧900hp前後のスーパー台風の発生など、異常気象がみられます。「環境白書」や「IPCC報告書」をもとに、私たち宮崎県民にとっても身近な問題である地球温暖化についての課題や対応策について言及されました。