ひろばinfo

水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準の見直しに係る環境省告示について(お知らせ)

10月27日、環境省より公共用水域の水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準及び地下水の水質汚濁に係る環境基準(以下「水質環境基準健康項目」という。)の基準値の変更について告示がなされました。

本告示は、中央環境審議会から環境大臣への答申「水質汚濁に係る人の健康の保護に関する環境基準の見直しについて(第3次答申)」(平成23年7月22日)を踏まえたものです。

本告示により、水質環境基準健康項目のうち、カドミウムの基準値が改正されます。

1.水質汚濁に係る環境基準について

環境基本法(平成5年法律第91号)第16条に基づき定められている水質汚濁に係る環境基準のうち、人の健康の保護に関する環境基準については、公共用水域について27項目、地下水について28項目が定められています。

2.改正の概要

カドミウムについて、基準値の見直しを行い、現行の0.01mg/Lから0.003mg/Lとします。(表1)

表1 基準値を見直す項目
項目名 新たな基準値 現行の基準値
カドミウム 0.003mg/L以下 0.01mg/L以下

備考 基準値は年間平均値とする。

3.施行期日

平成23年10月27日

(参考)水質汚濁に係る環境基準の新旧対照表

http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=18495&hou_id=14372

「水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令」の公布について(お知らせ)

「水質汚濁防止法施行規則等の一部を改正する省令」が平成23年10月28日公布され、平成23年11月1日(亜鉛の暫定排水基準については平成23年12月11日)から施行されることになりました。

今回の省令改正は、1,1-ジクロロエチレンについて、排水基準を0.2mg/Lから1.0mg/Lに、地下水の浄化措置命令に関する浄化基準を0.02mg/Lから0.1mg/Lに改正するとともに、亜鉛について、現行の暫定排水基準が平成23年12月10日をもって適用期限を迎えることから、3業種について平成28年12月10日まで暫定排水基準の適用期限を延長するものです。

1.改正の概要

(1)1,1-ジクロロエチレンの排水基準を0.2mg/Lから1.0mg/Lに、地下水の浄化措置命令に関する浄化基準を0.02mg/Lから0.1mg/Lに改正する。

(2)亜鉛の暫定排出基準の適用期限を、3業種について平成28年12月10日まで延長する。

2.施行期日

平成23年11月1日((2)については平成23年12月11日)

(参考)新旧対照表

http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=18498&hou_id=14375