口蹄疫感染拡大防止に対する当協会の取り組みについて

車両消毒ポイントでの車両の消毒
踏み込み消毒槽の設置

当協会では口蹄疫の感染拡大防止のため以下の対策を実施しております。

  • 事務所への入退出時の消毒の徹底(踏み込み消毒槽の設置及び身体用消毒スプレーの設置)
  • 最寄の車輌消毒ポイントでは車輌の消毒を実施する。
  • 採水車等業務用車両は、出庫、入庫時に噴霧器を用いて車輌消毒を行う。
  • 採水車等業務用車両に消毒用スプレーを常備させ業務前後に身体等の消毒を徹底させる。
  • 敷地出入口に薬剤散布を実施する。

全職員一丸となって口蹄疫感染拡大防止に取り組んでおります。関係各位の皆様方もどうぞご協力の程宜しくお願い申し上げます。 

浄化槽適正管理のお願い

浄化槽啓発チラシ

浄化槽は、わたくしたちの快適で豊かな生活に大きな役割を果たしていますが、その管理が適切に行われないと本来の働きを十分に発揮できず、汚れた水や悪臭が発生するなど、身近な生活環境の悪化の原因となります。

このようなことから、今年度、県では、浄化槽の適正な管理が確認できないお宅に文書や電話による周知・啓発を行うこととしており、この業務を当協会が県から委託を受けることになりました。

宮崎県の豊かな自然環境を保全するため、浄化槽の適正な管理に努めていただきますようご協力のほどよろしくお願いします。

「井戸利用状況調査」実施に当たってのお願い

宮崎県では、本年度、県内の地下水の汚染防止を目的とし、県内(宮崎市は除く)に存在する井戸の利用状況の調査を実施することとなりました。

この調査は、調査の委託を受けた(財)宮崎県環境科学協会の調査員がご家庭や事業所を訪問し、井戸の位置や利用の用途(飲用等)などについて、戸別訪問(所要時間10分程度)により確認を行うものです。

お忙しいところ恐縮ですが、調査の趣旨をご理解いただき、ご協力くださいますよう、よろしくお願いいたします。

【 調査員が戸別訪問する期間 】平成22年6月〜平成23年3月 (9時から17時の間の10分程度)

  • この調査は宮崎県が井戸の利用状況を確認させていただくものであり、調査員が調査費等で金銭を要求することは絶対にありません。
  • この調査により収集された個人情報は、宮崎県における地下水保全関連施策の資料以外の目的では使用しません。
  • 調査員は、顔写真入りの身分証明書を常時携帯しておりますので、不審の際はご確認ください。
お問い合わせ先:〒880-0911 宮崎市大字田吉6258番地20 財団法人宮崎県環境科学協会
電話:0985-51-2100