ひろばinfo

国家試験の案内 これから受験(出願)できる環境関連の資格を紹介します。

  公害防止管理者 建築物環境衛生管理技術者 作業環境測定士 技術士第一次試験
試験日 例年10月第一日曜日 例年10月第一日曜日 例年8月下旬 筆記試験 平成22年10月11日
試験地 札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪府、広島市、高松市、福岡市、那覇市 札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、福岡市 北海道、宮城県、千葉県、東京都、愛媛県、兵庫県、広島県、福岡県 北海道、宮城県、東京都、神奈川県、新潟県、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県
受験資格 学歴実務経験なし 学歴制限なし
実務経験2年以上
学歴・取得資格により異なる
資格等により免除科目あり
年齢、学歴、業務経歴等による制限はない。
学歴・資格等により免除科目あり
受験料 6,400、6,800円
(区分により異なる)
13,900円 【第2種】11,800円
【第1種】10,600~27,100円
11,000円
願書配布 例年7月頃 例年4月下旬〜6月中旬頃 例年5月下旬から6月頃 平成22年6月上旬より
願書受付 例年7月頃
(インターネット受付有)
例年4月下旬〜6月中旬ごろ 例年5月下旬から6月頃 例年6月上旬から7月上旬頃
(インターネット受付有)
問い合わせ先 (社)産業環境管理協会
公害防止管理者試験センター
TEL:03-5209-7713
URL:http://www.jemai.or.jp
(財)ビル管理教育センター
TEL:03-3214-4620
URL:http://www.bmec.or.jp
(財)安全衛生技術試験協会
TEL:03-5275-1088
URL:http://www.exam.or.jp
(社)日本技術士会
TEL:03-3459-1333
URL:http://www.engineer.or.jp
一般大気環境測定車(あおぞら)リニューアルしました!
一般大気環境測定車(あおぞら)は、一般大気中のSO2、SPMの連続測定を行う為の測定装置を搭載した測定専用車です。環境影響調査等にご活用下さい。(1週間〜1ヶ月の連続調査も可能です。)
大気中硫黄酸化物・浮遊粉塵測定装置
測定
原理
二酸化硫黄 紫外線蛍光方式
試料吸引流量:約1L/m
浮遊粒子状物質 β線吸収方式(放射線源147Pm)
試料吸引流量:18L/m
捕集ろ紙:テフロン製ろ紙又はガラス繊維ろ紙
測定
範囲
二酸化硫黄 0-0.05/0.1/0.2/0.5/1.0ppm (5レンジ)
浮遊粒子状物質 0-1/0-5 mg/m3 2レンジ
性能 再現性
(繰り返し性)
±1%F.S.(SO2)
±2%F.S.(SPM)
指示ドリフト ゼロ:±2ppb/週(SO2)、±2%FS/日(SPM)
スパン:±1%FS/日(SO2)、±3%/(SPM)
応答時間 SO2 3分以内(90%応答)
暖気時間 3時間
  1. SO2は湿式法から乾式法に変更。
  2. SPMは従来通りの測定方法です。
  3. データをCFカードに保存することが可能。
    (従来はアナログのレベルレコーダに記録していた。)
  4. 湿式法に比べ装置の安定性がよくなった。
    装置がコンパクトになった。
一般大気環境測定車 あおぞら02
一般大気環境測定車 あおぞら01

投稿募集のお知らせ

 機関誌「環境ひろば」では、読者の皆さまからの投稿を広く募集しています。
 最近の環境について思うことや、身のまわりでの環境保全活動の紹介、環境にちなんだアイデアなど、環境に関することであれば、どなたでも、どのような内容でもかまいません。そのほか、環境をテーマとした絵やイラストも募集中です。ひとことコメントを添えてお送りください。 原稿の提出は可能な限り電子媒体でお願いいたします。
 オリジナルなもの、ユニークなもの大歓迎です。投稿は未発表のものに限らせていただきます。 また、「環境ひろば」のメール配信希望も随時受け付けております。ご連絡お待ちしております。