県内企業の環境保全活動や有益な環境保全技術をご紹介します。

第1回 徹底分別で再資源化、固形化燃料の製造 ごみゼロを目指す再生処理のエキスパート

大成リサイクルセンター(株式会社大成紙業佐土原工場)
http://www.taiseisigyou.com/

宮崎市の佐土原東工業団地内にある大成リサイクルセンター。宮崎市を中心に県内各地さまざまな事業所から、生ごみ以外の産業廃棄物が収集され、再生処理されています。

画期的な固形化燃料「RPF*」

集められた飲料水容器。袋から出し、分別開始
手選別で金属缶はプレス機へ始

センターでの主な処理工程は、空き缶・金属くずなどは素材ごとに圧縮、ペットボトルは粉砕して繊維等の原料に、廃発泡スチロールや段ボールなど古紙類もそれぞれの処理で再び原料となっていきます。そのほか、固形化燃料の「RPF」も製造されています。

RPFは石炭およびオイルなどの燃料代替品として利用されるもので、原料は廃プラスチック、紙くず、建築廃材などの木くず。これらを粉砕して混ぜ、加熱圧縮するとできあがり。完成品は臭いもなく、運搬、保管も楽に行えます。

RPF製造ライン
粉砕された紙くず、木くず、廃プラを攪拌

RPFには多くの利点があります。まず、原料の廃棄物の由来がはっきりしていること。事業所から分別・排出されたものなので異物の混入がなく、燃やした時の安全性や、原料の配分によって熱量の調整もできます。また、廃プラがつなぎの役割をするため、廃棄物以外の材料を混ぜる必要もありません。もちろん埋め立てごみの減量、二酸化炭素の削減に大いに役立ちます。

現在、同社のRPFは、王子板紙大分工場で石炭の代替燃料として使われています。

RPF
「分別が第一です」と資源化に取り組む日高社長

「資源再生に必要なのは、処理技術もさることながら、出口です。再生品を原料や燃料として使う企業や、再生品を積極的に利用する消費者があってこそ、よい再生資源ができます。そのためにも、分別が大切なんです」と代表取締役社長の日高勝隆さん。

そして、「センターに持ち込まれたものは全て処理、再生するのがモットー」と言う工場長の坂口初生さんをはじめ、約10名のスタッフは素材を見分ける研修なども受けながら、質のよい原料づくりに努めています。

※RPFとは、Refuse Paper & Plastic Fuelの略