財団法人 宮崎県環境科学協会 理事長 細谷満洲男

創刊のごあいさつ

「環境ひろば」のWeb版の発行にあたり、一言ご挨拶を申しあげます。

当協会の環境情報誌「環境ひろば」は、県内の企業や県民の皆様へ環境に関する知識や環境保全に関する技術などを幅広く紹介し、早や35年が経過しました。

この間、環境に関する人々の関心は格段に高まり、環境関連の知識や技術等の普及・促進のスピード化等の要求が一段と強くなっています。

そこで、「環境ひろば」につきましても、創刊以来「冊子」による情報提供を行ってまいりましたが、より、タイムリーでかつスピーディな情報提供をめざすため、インターネットによる「Web版」に変更することといたしました。

また、内容につきましても、今まで以上に興味をもって読んでいただけるように工夫をして参りたいと考えています。

最後に、「環境ひろば」が皆様にとり、役に立つ環境情報誌として成長していくためには、皆様方の忌憚のないご意見、ご提案等はじめとする、暖かいご指導、ご支援が不可欠であると考えていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

平成21年10月26日

トピックス

環境省、エコアクション21ガイドライン改訂へ

環境省はエコアクション21ガイドラインを改訂する。中小企業を含む幅広い事業者が自主的・積極的に行うための環境マネジメントシステム(EMS)として2004年に策定したが、経済活動における環境配慮の重要性が一段と高まってきたことを受け、より分かりやすく、質の高いものとするために、内容を見直すもの。環境経営に向けて取り組むべき事項や環境活動レポート作成にあたり記載すべき事項を追加した改訂案をまとめた。10月17日にパブリックコメントを終え、早期改訂を目指す。 現在(平成21年10月末)全国で約4,000事業所が認証・登録を受けており、宮崎県でも25事業所が認証・登録を受けている。

詳しくはこちら http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11579