20年以上に渡り、自然保護推進員をしている甲斐英明さん。五ヶ所高原にしか生息していないチョウである「ゴマシジミ」「姫白蝶」と、日本の南限域とされる「ヒメユリ」(県指定希少野生動植物)を守るために「五ヶ所高原ゴマ姫の草原を守る会」を発足させました。花を盗掘から守るための監視活動や、「ゴマシジミ」の生息地をシカの食害から守るための防護ネットの設置などをしています。「自然は一度壊れてしまったら戻らない。自分たちの手で守れるものは守り維持していきたいですね」と甲斐さん。
この地域を含む祖母・傾・大崩山系周辺地域は、今年6月、ユネスコエコパークに登録されたところであり、五ヶ所高原にある三秀台からは、祖母山を一望することができます。甲斐さんは「多くの人に見に来てもらい、自然の素晴らしさを知ってもらえたらうれしい。今後は地域の発信・発展にも力を入れたい」と話します。

Copyright© 2014 ecoみやざき All Rights Reserved.