ストップ!廃の野外焼却
ゴミを燃やしてはいけません
 

 野外焼却のような低い温度での燃焼は、ダイオキシン等有害物質の発生原因となります。
 また、煙が家の中に入ったり、臭いが洗濯物についたりと、周辺の生活環境に悪影響を及ぼすことがあります。

違反者には罰則があります
 違反すると、5年以下の懲役、もしくは1千万円(法人は3億円)以下の罰金、またはこれらの併科に処せられる場合があります。

野外焼却禁止の例外となるもの

● 廃棄物処理法の処理基準に適合した焼却施設で焼却する場合
● 農業、林業または漁業を営むためにやむを得ないものとして行なわれる焼却
● どんど焼きなど、社会慣習上または宗教上の行事を行なうために必要な焼却
● たき火、その他日常生活を営むために通常行なわれる焼却であって軽微なもの

※ 焼却の際には、ビニールやプラスチックが混ざらないようにしてください。
※ 上記の場合であっても、周辺の生活環境への影響が認められる場合には、焼却を中止していただくことがあります。

Copyright© 2020 ecoみやざき All Rights Reserved.