めぐみの宝庫である森林が、いま危機にさらされています。その理由は、国産材の価格低下や山村地域の人口減少が重なって、林業の担い手が少なくなったからです。そのため間伐などの手入れができず、このままでは森林本来のはたらきが損なわれるおそれもあるのです。
 そこで県では「宮崎県水と緑の森林づくり条例」を制定。県民の手で森林を守る活動が進められています。
 県民の財産である森林を守り、次代に引継ぐ仕組みづくりとして導入されているのが、「森林環境税」です。いわば私たちは、森林づくりのサポーターです。災害に強い森林をつくり、森林のめぐみを未来につなげるため、計画的な活動が続けられています。

Copyright© 2020 ecoみやざき All Rights Reserved.