個 人 情 報 取 扱 方 針

                            平成29年5月30日

                            公益財団法人宮崎県環境科学協会

 公益財団法人宮崎県環境科学協会(以下「協会」といいます。)は、個人情報保護法(平成15年法律第57号)をはじめとする個人情報保護や取扱いに関する法令等を遵守し、次によりご本人様の個人情報の保護と適正な取扱いを行います。


1 利用の目的

  協会は、協会が行う事務を適正に遂行するめに、個人情報を利用させていただきます。協会が個人 情報を取り扱う事務及びその利用目的は、次のとおりです。


区    分


事   務   の   内   容


利 用 目 的


環境分析事務

 水質、大気、土壌分析、環境調査、環境影響評価、作業環境測定等の環境分析事務

分析の実施、結果書の送付、料金の請求等


浄化槽事務

 浄化槽法定検査に関する事務

検査の実施、結果書の送付、料金の請求等


財務会計事務

 物品の購入・支払、会費・検査料金の収納等財務会計に関する事務

 物品の発注、購入契約の締結、支払い事務等


その他の事務

人事・給与管理、社会保険・労働保険との加入等手続き、環境の普及啓発イベント等に関する事務

採用、給与の支給、緊急連絡網作成事務等

  協会は、協会の事務の適正な遂行に必要な限度において、これらの個人情報を利用します。

2 個人情報の適正な取得

 個人情報は、ご本人様のご理解の下、原則としてご本人様から取得させていただきます。
 ただし、浄化槽法定検査事務におきましては、関係行政庁のほか、浄化槽法による登録又は許可を
受けた浄化槽工事事業を行う者、浄化槽清掃業を行う者若しくは浄化槽保守点検事業を行う者を通じて個人情報を取得することがあります。
  ご本人様の人種、信条、社会的身分、病歴等の要配慮個人情報につきましては、原則として、取得
することはありません。
協会の職員の病気休暇に際して提出してもらう病気診断書等やむを得ず、要配慮個人情報を取得す
る必要がある場合においては、ご本人様の同意を得て行います。

3 第三者提供の制限

 協会が取得しました個人情報は、原則として、第三者に提供することはありません。
ただし、浄化槽の法定検査の結果につきましては、浄化槽法第7条及び第11条の規定により、関
係行政庁へ報告することが義務付けられておりますので、そうした取扱いをさせていただきます。

4 保有個人データ

  協会は、次の個人情報データベースを保有しており、取得した個人情報を個人データとして保有し

 ています。


区    分


保有個人データの内容


所 管 部


環境分析システム

 水質、大気、土壌分析、環境調査、環境影響評価、作業環境測定等の環境分析に関するデータ


技術部


 浄化槽システム

 浄化槽法定検査に関するデータ


法定検査部


財務会計事務システム

 物品の購入・支払、会費・検査料金の収納等財務会計に関するデータ


企画管理部

5 安全管理措置

 協会が保有する個人データにつきましては、不正アクセス防止ソフトやパスワードによるアクセス制 限等を行い、個人データの漏えい、滅失又はき損の防止を図ります。

6 委託先の監督

 原則として、個人情報、個人データの処理を外部に委託することはありません。
ただし、データベースシステムの保守管理、故障時等の非常時の対応につきましては、コンピュータシステムのメンテナンス会社に委託等を行うことがありますが、この場合は、契約書及び職員の立ち会い、監督等により個人情報、個人データ等の漏えい、滅失又はき損の防止を図ります。

7 個人データの開示等の窓口

 個人データの開示、内容の訂正等、利用の停止等、苦情につきましては、「4 保有個人データ」の表のそれぞれの区分に応じた所管部で対応させていただきます。

  それぞれの電話番号は、次のとおりです。

        企画管理部・技術部   0985−51−2077

        法定検査部       0985−41−4331

 


 

 

Copyright(C) 2006"MIYAZAKI KANKYO-KAGAKU SOCIETY" All rights reserved.