大規模小売店舗立地法について
 




 店舗面積が1,000uを超える大型店を新設する場合、または施設や運営方法を変更する場合、「大規模小売店舗立地法」に基づく届出が必要となります。その際、事業者は周辺地域の生活環境への配慮事項(交通渋滞や騒音、廃棄物の問題など)を記載した届出書を提出することが必要となります。



大規模小売店舗立地法による許可手続きの流れ


大規模小売店舗立地法に関する調査についてのご相談は、当協会の技術部まで


 

 

 

 

 

 

Copyright(C) 2006"MIYAZAKI KANKYO-KAGAKU SOCIETY" All rights reserved.